カテゴリー
Mr.N塾通信

失敗から学ぶ

こんばんは!Mr.N塾 中野です!

単純ミスってよくありますね。すぐに直せる子となかなか直らない子がいます。

たとえば、記号で答えるところを言葉で書いてしまうと、それが正しくても減点されますね。そういうところから、文をよく読まなきゃ!という意識が芽生えれば、失敗から学んでますよね。

誤りを直して【全文】を書きなさい。という問題で、誤りだけ直して全文を書かなくて減点されるとか、もったいないじゃないですか。普段の練習だから全文書くの面倒くさいとか思ってるかもしれませんけど、普段やらないことは、本番でできませんから。

すぐ直せる子は、意識して(注意して)問題を読んだりするようになり、ミスが減ります。すぐ直らない子は、意識しないのでなかなか直りません。自分の思い込みというか、世界は自分が中心で回っているのか、どちらにせよ理解できませんが、直せと言われて直せない子はどこに行っても直せない気がします。

学校のテストで(先生に)直せと言われて直せず、塾で直せと言われて直せず、いったいどこに行ったら直せるのか?不治の病?かかりたくない病ですね。とことん追い込まれたら直すかもしれませんね。

しかし、逆を言うと追い込まれなかったら適当に済ませる【癖】があるということです。悪い癖は早めに直した方がいいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。